2016年3月21日 星期一

山本二三展 図録

発売日 2011/07/15
商品パッケージの寸法: 29.4 x 22.4 x 1.4 cm
頁數 : 124ページ (2P拉頁)
定価 1,800円
出版社 神戸私立博物館


●商品の説明
この図録には、二三さんが手がけた多くの作品の中から、 今回展示された約180点を、解説付きで掲載。 もちろん「天空の城ラピュタ」や「時をかける少女」、 「火垂るの墓」など話題作の背景画も収録していますので、 コレクションとしても手元に置きたい1冊です。 また、巻頭や巻末の解説部には、 二三さん自身の言葉で語られたこれまでの歩みや、 アニメーション用語の説明なども取り上げられていて、 日本のアニメ界の解説書としても利用できそう。   会場で見た作品をもう一度楽しみたい方や、 出かける前に予習をしておきたい方、 また、遠方にお住まいの方にもおすすめです。    ・サイズ、A4判変型124ページ(うちカラー96ページ)。
■商品詳細
124ページ仕様/神戸ビエンナーレ2011・プレ企画 -天空の城ラピュタ、火垂の墓、時をかける少女-
初期参加作品『未来少年コナン』から『時をかける少女』『ミヨリの森』など近年の作品まで、
多彩な背景画180点と、解説やインタビュー等を収録。

●山本二三(やまもとにぞう/1953年-)
はアニメーションの美術監督・背景画家として、「天空の城ラピュタ」(1986年)、「火垂るの墓」(1988年)、「もののけ姫」(1997年)、「時をかける少女」(2006年)など、日本を代表する数々の名作に携わり、今日まで作品を特徴づける背景画を描き続けています。
アニメーションの背景画は、普段あまり意識されることのない、物語を背後で支える重要な要素のひとつです。そこに山本は、入念な取材と豊かな色彩感覚、細密で写実的な表現によって、音やにおい、空気感までも漂わせるリアリティを生み出しました。


山本二三相關書評
三本二三個人畫集 / フィルムからの言葉―山本二三画集
時をかける少女ARTBOOK/跳躍時空的少女 山本二三と絵映舎の世界
山本二三 風景を描く / 風景描繪技巧
山本二三背景画集
アニメーションノート no.5 (2007) 場景美術繪師:草薙、新海誠、山本二三、小林七郎

▼作者介紹
日本場景界大師,得過的獎項和參予過的作品都十分之多
畢業於東京設計學院,目前任職於京都藝術學院的客座教授
曾工作於東映、日本アニメーション株式会社、宮崎駿、高畑勳等等的工作室
1977年到2010年參加過的動畫高達40幾部
作品有( 詳細維基百科 )
未來少年、紅髮安妮、天空之城、福爾摩斯、螢火蟲之墓、魔法公主、神隱少女
跳躍時空的少女、鋼之煉金術士劇場版、歡迎光臨宇宙秀等等。


▼黑書評
本書是2011年山本二三在日本辦展覽時順勢推出的圖錄(場刊?)
價格不高1800日幣,但收錄很豐富,可惜現在只能從2手管道入手了



▼目錄與介紹
看不懂QQ


























沒有留言:

張貼留言