2017年1月19日 星期四

「藥物和笑容與精神的要素:復古藥袋包裝設計」 くすりとほほえむ元気の素: レトロなお薬袋のデザイン

¥ 3,456
作者   高橋善丸
単行本(ソフトカバー): 352ページ
出版社: 光村推古書院 (2011/10/31)
ISBN-13: 978-4838104536
商品パッケージの寸法: 3 x 15 x 21 cm



商品の説明
内容紹介
かつてはどこの家にもあった売薬の薬。 さまざまなデザインのパッケージには世相が凝縮され、時代と共に多彩な表現がとられています。 著者のコレクションから、薬の種類ごとなどに分類したパッケージを1000点以上収録。

著者について
グラフィックデザイナー 大阪芸術大学大学院客員教授 株式会社広告丸主宰 日本グラフィックデザイナー協会会員 日本タイポグラフィ協会会員 東京タイプディレクターズクラブ会員 ニューヨークタイプディレクターズクラブ会員 グラフィックデザインはそれ自体、時代を語る文化であるということを表現の礎に、湿度ある視覚コミュニケーション表現を探求している。 ニューヨークADC銀賞 ニューヨークフェスティバル銅賞、ほか国内外の受賞多数。

內容簡介
日本亞馬遜讀者滿分五顆星推薦,以藥品包裝為主題的設計書!
收集了從明治時代到昭和40年代的日本各種藥袋、成藥廣告、成藥包裝超過1000種的收藏。還分門別類以藥品的種類作區分,無論是皮膚藥、胃腸藥、鐵打損傷、壯陽、美容等等,各種您想得到或者無法想像的病痛,都有藥品對應。

這些充滿復古風情的藥品包裝,不但反應了那個時代的審美觀與流行,同時也有許多別出心材的設計,一直到今天也同樣地吸引人們的目光。無論是喜愛歷史題材、復古風格的讀者,或者是尋找設計元素的讀者,本書都非常值得收藏!

[黑書評]
朋友提供~
意外的有趣XDDDD





















沒有留言:

張貼留言